秋にぴったり!爽やかGジャンコーデで寒暖差対策も

9月10月になると朝晩は少し肌寒くなりますし、秋にぴったりのアウターといえばGジャンは本当にお役立ちアイテムです。

 

Gジャンのインナーにはシンプルな白Tシャツを合わせ、ボトムも白デニムの7分丈にします。

 

Gジャンのそではラフにまくり、シャツ感覚で着るとかっこいい着こなしになります。

 

インナーを半そでTシャツにする事で暑ければ腰巻きにチェンジし、お洒落に朝晩の温度差を上手に調節可能とすることが出来ます。

 

靴やバッグは秋らしくボルドーの革製品で統一し帽子は秋らしい素材の黒のハットで、白デニムの中にも秋を感じさせるコーディネイトになります。

 

秋らしいGジャンの着こなしは小物使いがポイント!

Gジャンの秋の着こなしについてのコツは秋らしく見える小物を取り入れ、且つ暑さ対策もできるコーディネートにすると言う事です。

 

小物で秋らしさを取り入れると、それだけで秋らしさは大幅にアップすると思います。

 

Gジャンと相性のいいアイテムといえば、やはりデニムでしょうが、スウェット生地のパンツも相性抜群です。

 

インナーとボトムを同一色(グレーやネイビー)に統一した、ラフなスウェットパンツコーデもいいと思います。

 

この場合はあえてスニーカーにキャップ、バッグも遊び心のあるデザイン(フリンジなどが最適)の物をチョイスすると良いと思います。

 

このようなコーデの場合は、時計やブレスレットはポップなGショックやプラスチック素材の物を選び、バッグにカラフルなバンダナを巻くと更にお洒落度もアップします。

 

 

関連記事