着まわしのし易いシャツは、秋には一枚は必ず欲しいトップスです。

 

暑い日にはインナーはシンプル半袖Tにし、カーディガンかGジャンを腰巻きにしておけば肌寒い夜にも対応出来ます。

 

シャツがチェックの場合のボトムは、チノパンとの相性が抜群でしょうし、インナーはチェックの色合いにマッチするTシャツにします。

 

シャツがシンプルな場合は、やはりデニムとのが相性が良いと思います。

 

濃い色のデニムの場合はシャツのインナーには紺色がおすすめです。

 

紺色って黒より雰囲気が優しくなるし、以外に何色とでも合うのでお勧めです。

 

帽子の素材を秋らしくする事で更に上級者のコーデに

まだまだ日差しの強い秋のお洒落の強い味方の帽子は、ハットでもキャップでも合いますが、生地を少し秋っぽいコーデュロイやウール・ニット帽にする事で更に上級者のコーディネイトになる事でしょう。

 

秋の着こなしのコツは秋っぽく見えるのに、微妙な温度差にも対応出来る着こなしだと言う事です。

 

帽子やカーディガンなど、温度調節に対応出来るアイテムをお洒落の道具小物として身につけておくと、快適に過ごすことが出来ます。

 

シャツと相性のいいアイテムは前半でもご紹介しましたが、デニムとチノパンが最高だと思います。

 

あとは靴とカバンで個性のある物をチョイスして、人とは違うコーディネイトにすると更に自分らしさが光って良いでしょう。

 

この秋のお勧めコーデは、デニムの中でも流行っている切りっぱなしのデニムを使ったコーデです。

 

一つ流行の物を取り入れるだけで、お洒落度がアップし今年の秋らしくなると思います。

 

 

関連記事